ペット保険に加入して安心の未来|家族同然のペット

愛犬と仲良く過ごすために

小型犬

室内犬が増えた事で犬のしつけ教室は人気が上昇しており、今後は高齢化社会に向けた新しい取り組みも期待されています。犬のしつけ教室を利用する際は犬の年齢も重要であり、なるべく早い年齢で利用すると高い効果が得られます。

もっと見る

最後のお見送り

供養

小さいペットの場合、通常の焼場よりもコンパクトな焼場を利用する事で、焼き時間を大幅に短縮できます。高齢者が多い日本では、高齢者が安心してペットを飼育できる環境が必要であり、飼育や葬儀を全て請け負う業者が求められます。

もっと見る

ペットのための安心

横になる猫

さまざまなペットに対応

海外では以前から多くの飼い主さんに利用されている歴史があるペット保険ですが、日本では少し前まではペット保険産業が小さく、加入者が少ないことから高額な掛け金が必要なものでした。しかし、近年ではさまざまな企業がペット保険産業に参入してきたため、飼い主さんとしても利用しやすい料金に変わって来ました。ペット保険は、病気や怪我の際の入院費、治療費、通院費、手術代など獣医さんにかかる時の費用を負担してもらえるほか、亡くなった時の火葬代や葬儀費用、供養のための道具やお墓の購入などにもカバーしているプランもあります。毎月の掛け金によってさまざまなプランがあり、またペットの種類においても犬や猫だけでなく鳥類やうさぎ、フェレットや亀なども対応している保険もあります。

万が一に備える

ペットの住環境や食生活、獣医学の発展によって、かつてよりペットは長生きできるようになりました。その分だけペットの高齢化という問題に直面し、高齢まで生きることによって人間と同じように足腰が悪くなったり病気をしやすくなったりといったさまざまなトラブルで病院にかかることになります。もしもペット保険に加入していないのなら治療費は全額になってしまうものであり、高度な医療技術を要する手術になれば、費用が高額で治療を断念するとともにペットの命も短くさせてしまいます。万が一の病気や怪我に対して、元気で若いうちからペット保険をかけている飼い主さんは増えており、月々の支払金額も手ごろなプランから用意されているというのも人気の理由です。

ペットとのお別れ

遺骨

大切なペットとのお別れで利用するペット葬儀には、火葬と供養に合同と個別の2つの選択肢があります。また遠方で行けない足腰が悪く移動出来ない場合は移動車によるペット葬儀があるため、自宅前でお別れが出来ます。

もっと見る